6月17日 鹿島戦 試合後監督コメント

四方田修平監督

まず、前半に0-3という結果になってしまった。全て、立ち上がりだったり、一瞬であったり、取られた瞬間だったり、そういったところを突かれた失点でした。そこを得点に繋げて来るという部分で、やはり力の差を感じた部分でした。そんな中で、選手は最後まで崩れずやってくれた。後半、そういった気持が多くのチャンスを作りだ部分に繋がったので、次に十分つながる部分だと思います。下を向いている暇はないので、次の試合にむけて準備をしたり、また次の結果に繋げていけるよう、チームとしてしっかりやっていきたいと思います。鹿島まで多くのサポーターが来てくれて、非常に最後まで勇気づけられました。本当に感謝しています。