7月8日 大宮戦 試合後監督コメント

四方田修平監督

0対2からなんとか最後追いつくことができ、最後まで熱い声援を送ってくれたサポーターに感謝したいと思います。後半は立ち上がりを集中して入ろうとハーフタイムに話していた中で、後半開始直後に0対2になってしまったのは、反省しなければなりません。そういった中で選手達は諦めずに得点を返そうとした結果、福森の素晴らしいFKもありましたが、チームとしての姿勢が生んだゴールだったと思います。今日は勝利し、次に繋げたいと思っていましたが、0対2からアウェイでの勝ち点1は最低限の結果が得られと思います。まだまだチームとして課題はありますが、これから3週間新しく入った選手も含めてチーム力を上げて後半戦に臨みたいと思います。