9月9日 磐田戦 試合後監督コメント

四方田修平監督

--試合を振り返って
立ち上がりから終了まで、試合を通して選手が戦う姿勢ですとか、積極的なプレー、そういうものを示し続けてくれた部分が、逆転勝ちという結果につながったのではないかと思います。ジュビロ戦に向けて、攻守にいろいろを準備をしたのですが、そいういったものを選手たちがピッチで実践してくれて、先制はされましたが、90分間通して自分たちがやりたいことはピッチでできたゲームでした。そういう意味では、チームとして非常に力を付けてきたと実感を持てたと思います。また、いつも通り札幌ドームの雰囲気という部分でも、最高の雰囲気を作ってくれたサポーターに本当に感謝していますし、今日の勝利をみんなで喜び合えたらと思います。残り9試合、目の前の試合に集中して、次の神戸戦、まだアウェイで勝っていないので、何とかそこを打破できたらと思います。

--磐田の守備と札幌の攻撃の狙いについて
磐田の奪い返しは非常に速くて、取られてショートカウンターというのを非常に警戒していたので、つなげずに蹴らなければいけない場面もありました。それでも、試合を通して言うと、ある程度ボールを運びながら裏のスペースに狙いを持って入っていくということと、結果として相手がそこを怖がって下がるのであれば、中盤の間でボランチやヘイスやチャナティップがボールを受けて、起点を作るということが今日は良くできていたのではないかと思います。

--ジェイ選手起用の際に都倉選手を代えた判断について
バランスです。(ヘイスと代える選択肢もあった中で)先ほど話したように、ヘイスが間で受けるのが非常にうまいので、そこを残しておきたいというのと、後半になって主導権を握れる時間が増えたので、ヘイスのキープ力ですとか技術が生きるし、彼自身好調なので、そこが(ヘイスを)残した理由です。

--今日の試合は、監督が理想としているサッカースタイルだったか
守備に関しては自分たちが決めたゾーンの中で全員で制限をかけながら、プレッシャーをかけて自由にやらせない。奪ったボールを素早く攻めるという意味では、今日は相手に自由にやらせないために、全員でハードワークができて非常に良かったと思っています。