11月26日 G大阪戦 試合後監督コメント

四方田修平監督

苦しいゲームでしたが、少ないチャンスを物にして勝ちに繋げられたと思います。前後半通してですが、相手の奪い返しも早く、攻撃で奪った後なかなか攻撃に繋げられなく、自分たちが思い描いていた攻撃やゲームにならなかったのが正直なところです。ただ、守備面に関しては全員でしっかりポジションを取りながら、ボールを持たれる時間は長かったですが、自陣で集中して最後まで守りきり無失点で抑えられたのは良かったです。その中で、セットプレーから1点を取り勝ちに繋げられたという意味でチームとして苦しいゲームを物にしたので、成長したという実感があります。今日もアウェイに関わらず多くのサポーターから勇気を頂きました。コンサドーレのサポーターの方々に助けられたシーズンでした。本当に感謝しています。

--得点に絡んだジェイと菅について
菅は良いボールを練習から蹴っていたので、福森が出来ないのであれば、彼に任せても良いボールを入れてくれるイメージがありましたし、結果イメージ通りのボールでアシストに繋げてくれました。ジェイは攻撃の時間があまり作れなかったので、前線で孤立したりボールを失ったりイライラする事が多かったと思います。しかし、少ないチャンスで結果を出してくれたので、今日も彼の力を示す事が出来たと思います。