Q&A

Q1. 持株会の目的と仕組みを教えて下さい。

当持株会の目的は、北海道コンサドーレ札幌を運営している(株)コンサドーレへの出資を通じて、北海道コンサドーレ札幌を資金面から支援すること、またコンサドーレを通じて地域のスポーツ文化振興への貢献を目的としております。

皆様からの拠出金は、持株会がその全額を(株)コンサドーレに出資いたします。皆様は、出資額に応じて当会の財産の持分を有することとなります。当会は民法第667条第1項に基づき設立された任意の組合です。

Q2. 入会するにはどうしたらいいですか?

当会にご入会いただくには2つの方法があり、「新規会員の募集」時にご入会いただく方法と他の会員から持分の譲渡を受ける方法があります。

新規会員の募集は、(株)コンサドーレが増資の決議をし、持株会がその割当てを受けたときに行いますので、次回の募集がいつになるかは未定です。また定期的な募集も行っておりません。

他の会員様から持分の譲渡を受ける場合は、当会ホームページの「売りたい・買いたい」コーナーから所定の手続きをお取り下さい。なお、すでに持分の譲受先が決まっている場合には、「譲渡承認の手続」が必要となりますので、当会事務局にて関係書類を取得の上、折り返しお送り下さい。

Q3. 入会するとどんな特典がありますか?

皆様への入会特典としてホームゲーム無料招待券(2009年シーズンは持分1口につきSA券1枚)や持株会会員証、各種イベントへのご優待などがあります。無料招待券は、シーズンごとに(株)コンサドーレと協議してその内容を決めることとなっておりますので、皆様にはシーズンごとに券種や枚数、
提供方法などをお知らせすることとなります。

Q4. 無料招待券は、本人以外は使えませんか?

無料招待券は、本人以外のどなたでもお使いいただくことができます。もちろん持株会の会員以外の方でも構いません。どんどん誘ってゲームを盛り上げて下さい。

Q5. 会費は納める必要がありますか?

当会の規約第19条には、会員は毎年1回会費を納めるとの規定を置いていますが、会費は過去にもいただいことはありませんし、今後も会費をいただく予定はありません。

Q6. 配当金は受領できるのですか?

(株)コンサドーレから配当金があった場合には、当会が一括して受領し、当会の財産として保有することとなります。法令の制約上、会員の皆様には金銭での配当や持分の分配はできないこととなっていますので、あらかじめご了承下さい。

Q7. 株主総会への出席や議決権の行使はできるのですか?

(株)コンサドーレの株主総会には、当会の理事長が皆様を代表して出席することになります。そのため会員の皆様は株主総会に出席する必要はありません。当持株会が保有する株式は、理事長への管理委託財産となるため、議決権は理事長が一括して行使することとなります。

Q8. 退会(拠出金の返還)はできるのですか?

会員様が退会できるのは、保有する持分(口数)を他の人に譲渡するか、もしくは放棄するかのいずれかの方法になります。そのため自ら退会して持分の返還を受けることはできません。持分を譲渡もしくは放棄する場合には理事長の承諾が必要となりますので、所定の用紙にてお申し出下さい。保有する持分全部を譲渡または放棄した場合には自動的に退会となります。なお、持分を譲渡する場合は当会のホームページの「売りたい・買いたい」コーナーから所定の手続きをお進め下さい。

Q9. 持分の譲渡を申し出た場合、持株会は斡旋をしてくれますか?

当会は、売りたい人と買いたい人との持分譲渡の斡旋をしております。(当会が直接持分を買い取ることはできません。)持分を売りたい人や買いたい人は、「売りたい・買いたい」コーナーから所定の登録をお願いいたします。なお、譲渡の斡旋は登録順とさせていただいております。いずれか一方が多い場合は、すぐにお申し出にお応えすることができなくなりますので、あらかじめご了承のほどお願いいたします。

Q10. 会が解散すると会員の拠出金はどうなりますか?

もしも当会が解散を決議した場合、払い戻しを希望する会員様に対しては、拠出額を限度に払い戻しを行います。なお、払い戻した後の残余財産につきましては、解散に必要な経費を控除して、残額すべてをサッカーに関連する公益団体に寄付することとなります。

お問い合わせ