北海道コンサドーレ札幌U-18 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ北海道 第12節結果

ニュース

9月17日(日)に行われました高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ北海道 第12節の結果をお知らせいたします。

プリンスリーグ北海道 第12節

北海道コンサドーレ札幌U-18 2-4(2-2/0-2) 旭川実業高校

■会場/ コンサドーレ東雁来グラウンド
■キックオフ/ 13:00
■得点者/ 藤村怜、佐藤大樹

川口監督コメント

『第12節ホームゲーム旭川実業戦に沢山の応援ありがとうございました。引き分け以上で優勝の決まる大事な試合でしたが、結果は2-4で大敗を喫してしまいました。開始早々に得点し、良い形でゲームに入れましたが、前半を2ー2で折り返しました。オンザボール、オフザボール共に対応が悪く、対して相手の速攻にはスピード感があり、得点は思い切りの良い素晴らしいゴールばかりでした。しかし一方的なゲームというわけではなく、こちらも遅攻の中からチャンスを作り、決定機は五分五分だったと思います。課題は、シュート精度を上げる事、対速攻スタイルに対して、ボールの失い方、失い場所を判断する事、攻から守の切り替え時、スピードに対して個人とグループでボールホルダー、スペース、ゴールを守る対応力を上げる事です。昨年からプリンスリーグを戦ってきて、4失点は初めての経験です。このタイミングでの大敗は、シーズン終盤に向けて色々な気付きを与えてくれました。更に気を引き締めてレベルアップしていきたいと思います。自分たちの強みを生かしながら攻撃し、相手の突出したストロングポイントに対応出来るかどうかが勝敗の分かれるポイントでもあります。来月始まるJユースカップや12月の参入戦と、U-18カテゴリーを締めくくる全国大会が続きます。そこのイメージをしっかりと持ち準備していきます。まずは次節で優勝を決められる様に頑張りますので、応援宜しくお願い致します。』

<第13節予定>

9月24日(日) vs 北海高校
■会場/ コンサドーレ東雁来グラウンド
■キックオフ/ 9:30KO