スピードスケート 加藤条治選手 パートナーアスリート決定のお知らせ

ニュース

北海道コンサドーレ札幌では、サッカーのみならず総合型スポーツクラブとしてスポーツを通じた市民の健康と幸福の実現を目指すとともに、「北海道とともに世界へ」というスローガンを掲げ、アジアや世界へと羽ばたくことを目指しています。
このコンセプトに合致するアスリートと協力し、お互いの目的達成を目指していく取り組みが『コンサドーレパートナーアスリート』です。
総合病院として地域密着や、予防医療を通じたスポーツの発展と健全な身体を作ることを目標とされている一般財団法人博慈会様が上記趣旨にご賛同くださり、同社所属の細田雄一選手(トライアスロン)と2015年に第一号のパートナーアスリートとしての提携を結びました(※1)。

また今年の4月にはオフィシャルパートナーである一般財団法人BOATRACE振興会様のご協力のもと、相互価値を高めるための活動として、ボートレーサーの茅原悠紀選手をパートナーアスリートとして迎えました(※2)。
そして、この度、2017年から博慈会所属となったスピードスケートの加藤条治選手と提携させていただくこととなりました。
加藤選手は10月20日から長野県にて行われる「第24回全日本スピードスケート距離別選手権大会(ワールドカップ/ジュニアワールドカップ派遣選手選考競技会)」より、コンサドーレのロゴの入ったウエアを着用いたします。平昌オリンピックでの金メダル獲得を目指す新しいコンサドーレファミリーに熱いご声援よろしくお願い致します!

加藤条治(かとう・じょうじ)選手プロフィール

生年月日:1985年2月6日
出身地:山形県
所属:博慈会総合記念病院

twitter @jockyyyy / Instagram @jojikato0206

主な戦績

2003年 ISUワールドカップ 500m 第3位
2004年 ISUワールドカップ 100m 第3位
2005年 ISUワールドカップ 500m 第2位
    世界距離別選手権 500m 優勝
2006年 オリンピック冬季競技大会(トリノ)500m 6位
2008年 ISUワールドカップ 100m 第3位
    世界距離別選手権 500m 第3位  
2010年 冬季オリンピック(バンクーバー)500m 第3位
2011年 全日本スピードスケート選手権大会 総合優勝
    アジア冬季競技大会(アスタナ)500m 金メダル
    ISUワールドカップ 500m 第3位
    世界距離別選手権 500m 第2位
2012年 ワールドカップランキング 500m 総合2位
     世界距離別スピードスケート選手権大会 500m 4位
     世界スプリントスピードスケート選手権大会 総合8位 500m 1位
     ※日本新記録(34秒21)を樹立
2013年 ソチオリンピックスピードスケート選手権大会 総合優勝
    ワールドカップベルリン大会 500m 2位
    ワールドカップソルトレークシティ大会 500m 優勝
    世界距離別スピードスケート選手権大会 500m 2位
2015年 ワールドカップソルトレークシティ大会 500m 6位
     全日本スピードスケート距離別選手権大会 500m 3位
    オリンピック冬季競技大会(ソチ)500m 5位
2016年 ジャパンカップポイントランキング 500m 2位
    全日本スプリントスピードスケート選手権大会 総合5位

本人コメント

一般財団法人博慈会理事長室広報課アスリートチーム スケート部 加藤条治です。この度パートナーアスリートとなりました。競技活動だけでなく、スポーツを通じた社会貢献にも力を入れていきたい所存です。「世界へ羽ばたく」出発拠点として互いを高めあえる存在となれるよう尽力いたします。