「赤い羽根サポーター宣言」クルマをおくろうプロジェクト 北海道コンサドーレ札幌特別塗装福祉車両贈呈のお知らせ

ニュース

◆北海道コンサドーレ札幌では、道内の福祉の現場から毎年多く要望のある「車両」について、募金額との兼ね合いからそのほとんどに応えられていない現状を危惧し、福祉施設へ車両を贈る事を目標とした「クルマをおくろうプロジェクト」と題した活動を実施し、チーム一丸となって赤い羽根共同募金をバックアップしてきました。
今シーズンを通して、リーグ戦の勝点1につき3,000円、1ゴールにつき3,000円の募金、チャリティーオークション、チャリティーサッカー教室、ホームゲームでの募金活動などを通じ、選手自らが率先して募金活動を行ってきました。集めた募金はすべて赤い羽根共同募金に寄託し、2012年から毎年福祉施設へ福祉車両を贈呈しております。
この度第8号となるコンサドーレ特別塗装を施した福祉車両を、「特定非営利活動法人 子どもサポートどろんこクラブ どろんこフレンズ」様に贈呈いたしましたのでお知らせいたします。

北海道コンサドーレ札幌特別塗装福祉車両贈呈式

贈呈日

2017年12月5日(火)

贈呈先

特定非営利活動法人 子どもサポートどろんこクラブ どろんこフレンズ(札幌市東区)

出席者

金山隼樹選手、早坂良太選手、ドーレくん、コンサドールズ

贈呈車両

三菱ふそうローザ(コンサドーレ特別塗装)

※コンサドーレ特別塗装とは…
北海道コンサドーレ札幌のロゴやドーレくんイラスト、赤い羽根共同募金ロゴなどがデザインされており、今回のプロジェクトを記念した特別な塗装を施した車両です。

※贈呈式の他、施設利用者の皆様とふれあい会を実施しました。

選手会からのコメント

シーズンの初めに「赤い羽根サポーター宣言」をして、勝点募金やゴール募金、チャリティーオークション等、1年を通して活動してきました。
今年も協力していただいた たくさんのサポーターの皆様のおかげで、地域のこどもたちに福祉車両を贈ることができました。僕達がサッカーをすることによってこのような地域貢献ができたことを大変うれしく思います。
今年はチームとしての目標であったJ1残留を達成することができました。これからも北海道コンサドーレ札幌選手会は北海道の福祉のために自分たちに何ができるかを考え、様々な活動を行っていきますので、皆様もご協力をお願いいたします。