U-12 第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会 準優勝のお知らせ

ニュース

この度、北海道コンサドーレ札幌U-12が、12月26日(火)~29日(金)に鹿児島県にて開催されました『第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会』にて準優勝いたしましたのでお知らせ致します。尚、U-12が本大会の決勝へ進むのはクラブ史上初の快挙です!

予選リーグ

1試合目 vs太陽SC(鹿児島)

1-0(1-0/0-0) 得点者:須田亮哉

2試合目 vsフォルツァ松本(長野)

1-0(0-0/1-0) 得点者:小宮真輝

3試合目 vs SSS FC(山口)

2-1(2-0/0-1) 得点者:大浦友暉、高橋昴雅

ラウンド16

vs柏レイソル(千葉)

1-0(1-0/0-0) 得点者:小宮真輝

準々決勝

vs リオペードラ加賀FC (石川県)

6-1(5-0/1-1) 得点者:出間思努×3、高橋昴雅、田代恵樹、成澤晏士

準決勝

vs 大宮アルディージャ(埼玉県)

1-0(1-0/0-0) 得点者:白井卓翔

決勝

vs セレッソ大阪(大阪府)

1-2(0-0/1-2) 得点者:出間思努

特別賞

北海道コンサドーレ札幌U-12は『特別賞』も受賞いたしました。これは、「登録メンバー16名全員が一定時間以上出場したチーム」に与えられる賞です。育成年代では、突出したひとりの選手に頼れば勝ててしまったり、また大会形式によっては短い時間で多くの選手に出場機会を与えるのが難しい場合もあります。今回の札幌U-12のチームは、16名全員が戦力として勝利に貢献することが出来、また指揮を執ったコーチも難しい状況で選手に等しく出場機会を捻出することが出来たということになります。準優勝と同様に、とても素晴らしい賞をいただけたと思います。