2018シーズン北海道コンサドーレ札幌 新ユニフォーム決定のお知らせ

ニュース

◆株式会社フェニックス(本社:東京都新宿区)が展開するブランド「Kappa(カッパ)」と、北海道コンサドーレ札幌を運営する株式会社コンサドーレ(本社:北海道札幌市)は2018年度もユニフォームなどのオフィシャルトップパートナー契約を継続させていただくことになりました。

株式会社フェニックス様から2018北海道コンサドーレ札幌ユニフォームについてのコメント

Kappaは、イタリアの遊び心とエモーションを伝えるデザイン性・機能性を高い次元で融合させた総合スポーツブランドとして、北海道コンサドーレ札幌の選手たちをこれまでサポートして参りました。
そして、今シーズンもKappaのブランドスローガンである『PEOPLE ON THE MOVE-挑み続けろ』の想いを
込めてユニフォームを準備しました。

ユニフォームの特徴・デザイン性

2018年度の新ユニフォームは「北海道の力」をコンセプトとし、北の大地から、そしてサポーターからのエネルギーをパワーに変え、力強く戦い続けることを表現しました。

フィールド・1st

北の大地の力からインスピレーションを受け、新たな赤黒の縦縞を表現。そして、北海道を代表して戦う思いを込め、背中に北海道のシルエットを配置しました。

フィールド・2nd

「HOKKAIDO SNOW」をデザインし、静寂の中から感覚を研ぎ澄まし獲物を捕らえる様をイメージ。また、1stデザイン同様に背中に北海道のシルエットを配置しています。

GK

1stはイエロー、2nd はグリーンをベースとし、縦縞デザインを採用。3rd はネイビーをベースとし、「HOKKAIDO SNOW」デザインを採用しました。

※すべてのユニフォームの袖には、ホームタウンマークとして「北海道命名150年」のマークを付け、北海道と共に戦います。
※各ユニフォームのボディはKappa KOMBAT(コンバット)シリーズによって作られており、動きやすさを考慮したストレッチ素材を使用しています。

トレーニングウェア

2018年Kappa・ULTIMATE(アルティメイト)シリーズを採用したプラクティスライン。
練習からハードに戦う選手たちの動きに対応します。

以上、2018シーズンの新ユニフォームの紹介となります。