しまふく寮通信

30 / 50先頭...1020...2829303132...4050...最後

タイの日。





ナガくんとショウゴくんがタイからお土産で買って来てくれたたくさんのタイの食材を使ってこの日の夜ご飯はしまふく寮では珍しいタイ料理。




から~いから~いグリーンカレーとレッドカレー。






カレー。








タイの焼きそば。パッタイ。





パッタイ。






トムヤムクン。




トムヤムクン。







みんな辛い辛いと言いながら汗をかきながら食べていた。





ゴメス。






パッタイはタイよりも美味しい!!と褒めてくれたナガくん。





ナガくん。







タイランドのTシャツを着てタイ料理を食べるソンジンくん。







ソンジンくん。








しまふく寮のみなさん☆みなさんタイの雰囲気を味わえたでしょうか?




ナガくんショウゴくんありがとう(*´∀`*)

サプライズ☆





11月13日はユウトくんの18回目の誕生日。






前日にお祝いしたのですが、ユウトくんがお出かけしていた日曜日にユースの3人と相談して、サプライズでケーキを用意し、ユウトくんの誕生日をお祝いしようと考えていたのだ。







リュウヘイくん、コウキくん、モリモトくんと私で考えたのは、このような計画だった…。











ユースが練習に行った後、私がリュウヘイくん、コウキくん、モリモトくんの靴箱の中に入っている靴の中にこっそり入れておいて、帰ってきたらユウトくんにばれないようにポケットの中へ…。







ユウトくんのことが大好きなビンにもクラッカーを渡しておく。







寮に着く5分前にコウキくんが“あと5分で着きます!!”と私に連絡。
その後私は玄関近くの管理室にケーキを隠しに行く。








練習から帰ってきて4人が揃ってご飯を食べ始めた5分後にリュウヘイくんが“まっつんさん、練習着が破けたので縫ってもらえますか?”と2階の部屋に行くフリをしてケーキを隠している管理室へ…。










その後、私が“あっ!お肉屋さんにFAXを送らないと…。”と注文書をもって管理室へ…。










リュウヘイくんと管理室で合流したら、ケーキに火を点けゆっくりと火が消えないようにリュウヘイくんが運び、食堂に着いたら私が食堂の電気を消しみんなでバースデーソングを歌う。









そして最後にみんなでクラッカーを鳴らしてお祝いをする。








そんな計画だったのだが…。









さて。




ユウトくんは驚いてくれるかな??








ユウトくん。

サプライズ②





サプライズ決行の日。






な~~んにも知らず間食を食べ練習に行ったユウトくん。







トップがご飯を食べる前に忘れずに靴箱の中の靴にクラッカーを入れておいた。









9時過ぎにコウキくんから“あと5分で着きます!!”と連絡が来た。




ケーキを隠しに管理室へ…。




そしてビンには2個のクラッカー。
ソファーでくつろいでいたショウタくんにもクラッカーを渡し一緒にサプライズをしてくれることになった。








“ただいまー!”と帰ってきた4人にご飯を出して“まっつんさーん…”と5分後にリュウヘイくんが言うの待っていたのが5分以上経ってもなかなか言わない…。






嬉しいことだが、リュウヘイくんはご飯に集中していて忘れていたのだ☆







ケーキが溶けちゃうので、さりげなくご飯を食べているリュウヘイくんの背中にツンと指で合図をして、やっとケーキの事を思い出したリュウヘイくん。








“まっつんさ~ん…。”と言い2階へ…。





そしてFAXをしに行くフリをして管理室で合流!!





ろうそくに火をつけ廊下をゆっくり歩くけどろうそくの火が消えそうになって何度も止まる。
食堂に着いたら、パチっと電気を消してみんなでバースデーソングを歌い、パン!!パン!!パン!!と鳴るクラッカーの音にさらにビックリしたユウトくんだったのだ。









ユウトくん。


ユウトくん。






サプライズ成功!!!!!

夜ご飯。




豚ロースのおろしキノコ。




豚ロースのおろしキノコ。





高野豆腐の煮物。






高野豆腐の煮物。






サツマヨサラダ。





サツマヨサラダ。






大豆とワカメの酢の物。






大豆とサラダの酢の物。






さばの胡麻青のりのせ。




サバの青のりのせ。







ほうれん草とお豆腐のお味噌汁。





ほうれん草とお豆腐のお味噌汁。






フルーツ。ヨーグルト。





フルーツ。ヨーグルト。







白米。




白米。








出来上がり☆





夜ご飯。

とんぼ。




ゴメスくんが食堂のどこかで見つけた謎のメガネ…。







かけてみたらトンボみたいになった。







トンボ。









近くで見てみるとこんな感じ。





ゴメスくん。







このメガネはいったい誰のものなんだろう???

ニュースタイル☆




ゴメスくんとクシビキくんが一緒に美容室に行って髪の毛を切ってきたようだ。






2人はビシッとセットされた新しい髪型で爽やかに食堂へやってきた。
















(後ろのユメミくんにも注目!!)



ゴメスくん。


櫛引くん。







こちらは“ただいま~~。”と食堂にきたときに思わず“秋なのに寒くない??”と思ってしまった、タクマくんの新しい髪型。







タクマくん。






今回は失敗せずお友達に髪の毛を切ってもらえたようだ。



たまに帽子をかぶっている懐かしい坊主頭の頃のように見えるのだった…。

食べ盛り。





ユースの寮生は学校から帰ってきてから練習に向かう前に間食をたべる。






食べ盛りのリュウヘイくんが“おかわりありますか~~?”とカウンターへ。






“ごめ~ん。ないから今からお茶漬け作るね。”と即席鮭茶漬けを作ることにした。








鮭茶漬け。







育ち盛りは食べ盛り。



いっぱい食べてどんどん大きくなれ~~。







リュウヘイくん。








リュウヘイくんは今修学旅行中。


大阪に行くことをすごく楽しみにしていてタコ焼きを食べると言っていたな…。



きっと今頃…。




いつものようにほっぺたがリスのように膨らむくらい、いっぱいタコ焼きを頬張っているのだろう。






学校のお友達といっぱい楽しんで思い出をたくさん作って来てね☆。










リュウヘイくん。







無事に寮に着くまでが修学旅行です!!








気を付けて帰ってきてね(^_^)



食べ盛り②





こちらも食べ盛りのコウキくん。





前の日に残ったカレーをお皿山盛りにご飯を盛ってルーをかける。







コウキくん。






こんなにいっぱい食べてもみんなと同じ寮のおかずも食べていたコウキくん。



若者の胃袋ってすごいな~~。





コウキくん。








コウキくんは一昨日修学旅行から帰ってきた。




京都で撮ったお寺の写真をビンに見せたり、楽しそうにUSJの話をしてくれた。





自分のお土産に買ってきた、肉味噌ニンニクをモリモトくんと私にもおすそ分けしてくれて
とっても美味しかったので、気づけば私はお茶碗2杯分のお米をペロリと食べていた。




もしかしたら…。





私も食べ盛りなのかもしれない。





私の場合は、食欲の秋だからしょうがないとしよう…。








コウキくんごちそうさまでしたー(^_^)








ありがとう☆




寮の壁に貼っている新しい写真たち。




寮のパソコンに入っている写真を印刷したかった。




しかし…。





私にはやり方がわからない…。






アワカくんがいてくれたら…。と心の中で思った…。






アワカくんは中国へ行っていたので、新しい写真を印刷するのは延期に。








今日ユースの夜ご飯を作っていると、“ただいまー!”とアワカくんが帰ってきた。




さっそくアワカくんに事情を説明して、印刷の準備に取り掛かったのですが、パソコン博士のアワカくんでも、印刷のボタンを押しても画面に出てくる オフラインです。の文字。




何度やってもオフライン。






コピー機の説明書を見ながらパソコンとコピー機と格闘してくれたあわかくん。






“出来たーーー!!これだーーー!!なーんだ簡単だった…。”と無事に写真を印刷できました。









私もやり方を教えてもらったのでこれから、ボードいっぱいに新しい写真を貼る予定です。








笑顔の写真。





面白い写真。











なぜかヤンキーな写真。






ユメミくん。


タクマくん。


ゴメスくん。







みんなのいろんな表情を探してみよ~う♪








アワカくん本当にありがとう(^_^)





そしておかえりなさい☆






アワカくん。

あっつい!!




ビンがお気に入りのベトナムのチリソース。




この日はゆで卵にかけて食べたいと言われゆで卵を作ることに…。




みんなのご飯も出さないといけないので忙しそうな私を見てビンは自分で卵の殻を割るよ!みたいなことを英語で言っていたのであとはビンに任せて私はご飯の用意。





お肉を焼いたりバタバタしていると。





“オー!!ホット!ホット!”とビンもバタバタしていた…。





ゆでたまごが冷たくなっちゃうから水で冷やさず素手で挑むビン。









ビン。





熱さになんて負けてられない!!



ビン。





“ホット!!ホット!!”と言いながら、なんだかとても楽しんでいるように見えてきた…。




ビン。





でも本当にゆで卵は熱かった…。





熱いものに触った時に耳たぶを触るのは万国共通のようだ。








ビン。