しまふく寮通信

4 / 52先頭...23456...102030...最後

一人暮らし。

 

シンドウくんが一人暮らしを始めました。

 

キャンプから帰ってきたらちょっとだけ寮に住んでいたミヨシくんと家電を買いに行ったり家具を買いに行ったりして着々と準備を始めていました。

 

 

一人暮らしのおうちから寮に通ってはそーっと階段の前にスーツケースを置いて夜ごはんを食べてからちょっとづつのお引越し。

 



 

例年卒寮するみなさんよりややゆっくりめでしたが、やっと片付けが終わって無事に卒寮いたしました。

 

 

 

一人暮らしを初めてから寮のテレビでの試合観戦の帰り際。

 

 

“あれ?鍵がない!鍵がない!”って結構な時間探していたけどなかなか見つからなくて、やっとソファーに埋もれこんでいる鍵を見つけて帰っていきました。

 



 

 

 

 

これからは寮の玄関のドアを開けっぱなしで出かけてしまっても怒られることはないけど。

 

しっかりと戸締りには気を付けてくださいね。

 

 

 

そういえば。この前は食堂のテーブルに忘れ物。

 

 



 

誰のかわかりやすいキャップでよかったね☆

 

 

 

今日のしまふく寮のランチ。

 

とりの照り焼き。

大根の煮物。

小松菜とモッツァレラチーズのなめたけ和え。

にんじんオリーブサラダ。

お豆腐とかにかまのお味噌汁。

白米ゆめぴりか。

フルーツ。ヨーグルト。

 



 

 

 

 

 

 

まっつん😊

発見!!

 

先日。 UHB 発見!タカトシランドにしまふく寮が発見されました!!!

 

どっきりのような。全く日常では想像もしていなかったことだったので本当にびっくり!!

 

テレビを見ながらまさかしまふく寮に来ていたとは知らなかったシンドウくんもびっくり!!

 



 

いつもは私たちが試合やインタビューを受けている選手の姿を見ていますが今回は逆に選手がテレビに出ている私たちを見ているというちょっと不思議な感じ…。

 

この時はトップの選手はキャンプへ行く日でもあったので寮のはユースの子たちがいたので、一緒にカレーを食べながらサッカーのお話をしたり将来の夢についても語っていました。

 

 



 

そんなユースのみんなはスペインの遠征に行っています。

今は珍しく静かなしまふく寮ですが彼らは明日帰国予定。

新学期もはじまってまた賑やかにあわただしい毎日がはじまりそうです。

 

ある日のしまふく寮 よるごはん。

 

 



 

 

 

おかえり。

 

 

コンニチワ~!オニイサン!と言いながら笑顔で食堂に来てくれたチャナティップ。

 

オ ニ イ サ ン…。

 

まっいいか…。

 



 

 

最近は暖かくなってきてた札幌ですが気温35度のタイから帰ってきたチャナティップにとってはまだまだ寒いそうです。

 

 

 

選手がきた順番に名前を書いてもらう表に名前をカタカナで書いている。

今年初めて食べに来てくれたのでカタカナを忘れてしまってスマートフォンを見ながら見よう見まねで書いています。

 



 

 

 

なかなかうまくかけてる。

 



 

 

 

 

積極的に日本語を覚えようとしているチャナティップ。

 

 

誰に教えてもらったのか、テレビで見て響きで覚えたのかはわからないけど。

 

 

今日は。

 

 

そだねーー。

 

 

そだねーーーー!。

 

 

と。そだねーーーーを食卓テーブルで連呼するまたひとつ北海道弁を覚えたチャナティップがいたのである。

 

 

 

 

 

 

スタート。

 

今週からしまふく寮ではランチがスタートしました。

 

 

今年初めての大人数のランチだったのでお肉焼いたりしていることに集中して。

 

ふと。顔をあげて食堂眺めてみたら。

 

ありがたいことに満席でした😊

 

 



 

今年も選手のみなさんのくつろげる場所の一つであってほしい。

 

そんな。

 

しまふく寮でありたいと思うランチをスタート一日目だったのである。

 

 

 

ある日のランチ。

 

ポークチャップ。

あげニラチーズ。

長いもとささみの岩のり和え。

サラダ。

白米 ゆめぴりか。

お豆腐と玉ねぎのお味噌汁。

フルーツ。ヨーグルト。

 



 

 

昨日のランチ。

 

甘辛チキン。

和風ラタトゥイユ。

じゃがいもとミックスビーンズのサラダ。

切り干し大根とツナのゴマ和え。

白米ゆめぴりか。

大根とわかめのお味噌汁。

卒業式。大雪。卒寮。

 

3月1日。

 

しまふく寮の高校三年生のソラくん。サキョウくん。マコトくんは今日が高校の卒業式。

 

実家から昨日帰ってきて今日最後の登校でした。

 

今日は大雪で卒業式に帯広からきていたソラくんのお父さんとお母さんが道路が通行止めで帰れなくなったり、ソラくんが卒業式後に大学の合宿のために乗ろうとしていた飛行機が飛ばなかったりと。

 

3月になっても札幌はまだまだ冬が続きそうです。

 

 

大雪の中、卒業式を終え寮に帰ってきた3人はコツコツと荷物を運んだりして引っ越しの準備。

 

 

みんな北海道を離れての新生活。

 

 

中学校を卒業して3月末に寮に来たときはまだそんなに背も大きくなくて体の線も細くて。

 

 

毎日学校に行って帰ってきて練習着に着替えて練習に行って夜になって帰ってきてご飯食べて掃除したりお風呂入ったりしてあっという間に過ぎていく毎日。

 

寮監と寮母さんは自分の子供のように掃除をさぼっているときには注意したり、大きな声が二階から聞こえてきたら“うるさーーい!!もう遅い時間だよ!”と階段の下から怒るお母さんの声が一番大きかったり。

 

試合に出て活躍したらよかったね。と声をかけたり。

ケガをしてしまったときには“今は焦らないでゆっくりちゃんと治しなさいよ”と焦る気持ちをなだめたり…。と自分の子供の様に怒ったりほめたりと三年間お父さんとお母さんが見守ってくれました。

 

毎日見てるからなかなか気づかなかったりするけど、ふと気づくと冷蔵庫と同じくらいに身長が伸びていたり、がっちりとたくましい体つきになっていたりと。

 

心も体も成長する大切な時期に過ごすしまふく寮での生活もあっという間の三年間が過ぎていきました。。

 

これから大学へ行ってもプロの選手になりたいという気持ちは変わりなく続いていきます。

 



 

みんな元気で。

 

またね。

 

行ってらっしゃい☺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆まき。

 

2月3日の節分が近づいてくるとご飯を食べている最中に。

 

 

“今年オニ誰がやるの??”

 

“どうやって決める??あみだ??”と会話が盛り上がりみんなソワソワし始める。

 

 

とうとうやってきた2月3日。

 

食後に豆まきをしようと。

 

豆まきには欠かせないオニ👹役を決めることに。

 

 

去年はおみだくじで決めたので今年は割りばし6本の中の一本に青いマークがついている人がオニ👹役に決定!!

 

マークが見えないように袋にいれて一人一本選んでゆくことにした。

 

 

 

ご飯を食べ終わった順に一本選んで名前書いておいてみんなが食べ終わるのを待つ。

 

 

 

 

みんなオニ👹になりたくないから“どれにしよう~~。”と慎重に悩みながら選んでゆく。

 

 

 

 

みんなが選びおわって。

 

 

 

いっせーーのーーーーでーーーー!!。って。

 

 

 

 



 

 

 

じゃじゃじゃーーーーーーん!!

 

 

 

この写真では“やべっ!ひいちゃった~~。”って顔をしているのがふたりいる…。

 

だけどオニ👹は一人だ。

 



 

 

 

どっちだ。

 

 

 

こっちだ。

 

 

 

 

 



 

 

 

リョウだ!!

 

 

いつもは一番遅くまでご飯を食べているのにこの日は一番最初に食べ終わって一番に選んでいたのがまさかの青マークのオニ役だったなんて。

ある意味引きが強いリョウくん。

 

2月3日。

 

今日はあなたが主役の。

 

オニさんです!!

 

 

さっ!!この時間はオニに徹してもらいましょう!!

 



 

 

みんなで鬼退治するよ~~~!!

 

鬼は外 👹

 

福は内

 

 



 

 

オニを決めるまでがとても楽しいしまふく寮恒例の豆まき。

 

 

みんながケガなく健康に過ごせる一年でありますように…☺

 

 

節分

 

今年初めてブログを書きます。

先日沖縄キャンプから帰ってきた寮生のみんなの顔を久しぶり見ることができました。

日焼けして顔がキュッと引き締まっていて。

もう新しい戦いが始まっているんだな…。と。伝わってくる緊張感…。

 

 

 

キャンプ中のしまふく寮はユースの寮生とコーチのアオヤマさんが寮で暮らしています。

 

3年生3人は卒業式近くまで学校がお休みなので実家に帰省しています。

しまふく寮の寮生は高校1年生から親元を離れて生活をしていてほとんどの子が道外の大学へ進学しています。大学へ行ってもサッカーを続けるので夏休みなどでもなかなか帰省できないとおもうので、この時期はたっぷりと家族のみんなに甘えておいでー!!とお母さんは3年生を送り出します。

 

 

さて。

 

残りの寮生2年生と1年生のみんなは…。

 

 

2月3日 節分にお母さんが作ってくれた恵方巻を。

 

南南東向いて必死に無口でもくもくと食べておりました。

願い事が叶うよう無言で食べる。

 

みんなのお願い事はトップに上がれますようにかな??

 

いっぱいごはん食べて丈夫な体を作って今年も頑張っていこう!!!

 

 

 



 



 

 

今年も少しづつですがしまふく寮での様子や食事のことをブログに書いていきたいとおもいます☺

今年もよろしくお願いいたします☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

北海道ぎょれん様よりしまふく寮へ毛ガニをいただきました。

 



 

 

 

毛ガニが届いたときにはいつ毛ガニを食卓にだそうかな…。と考えてみる。

 

みんなが毛ガニを見てびっくりする姿を想像する。

 

 

そうだ!

 

 

納会で。

 

 

だそう!!

 

 

としまふく寮の納会でおいしい毛ガニをいただきました☺

 

 

身がぎっしりと詰まっていてぷりっぷりで。

カニみそも甘くて。

とっても贅沢な時間。

 



 



 



 

 

 

北海道ぎょれん様。

 

とってもおいしい毛ガニをありがとうございました。

 

みんなでおいしくいただきました。

 

 

 

おいしいカニをいただいた今年のしまふく寮の納会。

 

 

最後は毎年恒例の記念撮影。

 

 



 

なんだか家族写真みたいになっちゃったから。

撮り直しの笑顔で☺

 



 

 

今年はトップの寮生3人。ユースの寮生9人。ときどき来年トップ昇格するレンくんとスタッフのアオヤマさんとガヤさんで生活してきました。

そしてランチのときにはたくさんの選手のみなさんがごはんを食べに足を運んでくれました。みなさんありがとうございました。

 

 

来年もお父さん。お母さん。とわたしでしまふく寮の厨房を回していくので選手のみなさんには多々ご迷惑おかけすることもあるとおもいますが、皆さんがほっとできて栄養のあるごはんがでてきてなんだか居心地がいいなー。と思ってもらえるようなしまふく寮であれたらいいと思います。

 

また来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

夜食。

 

明日で練習が終わるというある日のよる。

 

 

シンドウくんが夜ごはんを食べ終わって食器を片付けにカウンターにきて元気よく。

 

 

 

“今年も一年間ありがとうございました!”と勝手に一年を締めようとしている。

 

 

ありがたい言葉だけど。

 

私の頭のなかには。

 

 

 

“アナタニハ  マダ  ヤショク  ガ  ゴザイマス  ケド…。”

 

 

 

 

さっさと一年を締めくくって夜食食べるのを忘れたフリして勝手に一年締めまーーす!作戦をつらーっとして部屋に戻ろうとしている。

 

 

 

 

 

シンドーくんは毎日夜食を食べている。

 

一年目の早いうちから体を大きくするために夜の9時半には食堂へ降りてきて夜食を食べていた寮生活の3年間。

 

最初のころはうどんとかチャーハンとか作って食べてもらっていたけど。

最近はランチを作って夜ご飯を作ってトップの選手がごはんを食べてそれから流れるようにユースが帰ってきて…。

夜食のことをすっかり忘れてしまう日も多々あり…。

 

 

9時半ころには後片付けしてたらパタンパタンとスリッパ鳴らして“お願いしまーす!”と夜食をちゃんと食べにくるシンドーくん。

 

“あっ!忘れてたーー!”とユースのごはんの準備しながら、すぐできるおにぎりが最近の定番になってしまっていました。

 

 

早く仕事が終わって夜食作って帰るのを忘れた日には“お茶碗が置いてあったので納豆をかけて食べましたー。”とか“バナナとヨーグルトたべましたーー!”と。臨機応変に対応してくれていました。

 

 

 

そんな3年間の最後の夜食。

 

 

9時半にお母さんに食堂に来てもらってシンドーくんを待ち伏せしてみる。

 

 

このお皿を持って。

 

 

お父さん。お母さん。私から来年からは一人暮らしをするシンドーくんに愛のあるメッセージのはずが。

 

 

 

なぜか。

 

 

 

脅迫めいた感じになっちゃったけど。

 

 

 



 

 

寮長としても1年間ありがとうね☆

 

 



 

 

おつかれさまでした☆

苦手なんです。

 

食事中の不思議な光景。

 

 

小鉢の中の何かとにらめっこ。

じーーーっと見て箸も止まって固まっている。

 



 

 

やっと口へ運んだかと思ったら。

 

鼻つまんでるし。

 



 

面白過ぎてぶれた…。



 

 

鼻つまみながら最後は水を一気にのんで流し込んでる。

 



 

一気に流し込んだのはレバー。

 

臭みをとって甘辛く煮てるけど。

苦手な人は食感とかもダメなんですよね…。

 

“食べれなかったです…。”といままではレバーが食べれない子もいましたが、苦手なものを鼻をつまんでまで食べている寮生は初めてみたので見かけたときには“ぷっ!!”と笑ってしまった☺

 

苦手なものでも栄養になるものはどんどんトライしてもらいたい。

 

 

 

そんなタイヨウくんが苦手なレバーがでたある日のしまふく寮の夜ごはん。