しまふく寮通信

45 / 50先頭...102030...4344454647...50...最後

アニョハセヨ。

“ふたりの写真撮ってもいい?”と聞くと、前髪をクシャクシャとセットしはじめたホスンくんと練習生のボンソクくん。



ホスンくんとボンソクくん。




ボンソクくんが寮に来たときに“カンコクカラ キタ ボンソクデス。”と私に紹介してくれたホスンくん。


“こんにちはー。よろしくねー。ご飯食べた?”と話しかけると“カレハ ニホンゴ ゼンゼン ワカリマセン。”とホスンくん‥。

“だよねー。こんにちは。ってなんだっけ??”と聞くと“アニョハセヨー。 デス。”と教えてくれたので、ボンソクくんに“アニョハセヨー。”と言うとニッコリ笑ってくれました。


通訳までできるくらい日本語を話せるようになったホスンくん。

先月韓国に行ったばかりなのにアニョハセヨ。も忘れてしまった私‥。なんだか恥ずかしい‥。





とても寒かった土曜日は宮の沢で試合があったユース達は、試合前に納豆ツナパスタを食べて練習場に行きました。






ブランチ。納豆ツナパスタ。




ユースと入れ替わるように帰ってくるトップのランチには、フォカッチャを焼いてみました。




フォカッチャ。



生地を伸ばして具を包んでいると、温かそうなベンチコートを着て“雨降ってるー。”と、窓から外を眺めているユースのリョウスケくんと目が合うと“試合から帰ってきたら食べる?”と聞くと“もちろん。食べます!”と言ってくれたのでユース達の分も、たくさん焼いてしまいました。



土曜日ランチ。

11月5日 ランチ。



たくさん焼いたので、旭川から試合を見に来ていて寮にリョウスケくんを送りにきていたお母さんに、おすそわけ。寮生以外に、作った料理を食べてもらう事があまりないので、少しドキドキしながら、お母さんに渡してもらいました。



寒くて雨も降る中の試合。だれもカゼをひいて帰って来なくてよかった‥☆




土曜日夜ごはん。




土曜日夜ごはん。



ひと息。

今日は10日ぶりに遠征に行っていた選手たちが帰ってきました。


“ただいまー。”と仲良く2人で帰ってきたタクマくんとタツキくんは食堂に入ってきてすぐ、テーブルの上にある新聞を広げて“あった!あった!”と興奮気味‥。










タクマくんとタツキくん。


タツキくんのことが書いてある記事を見つけると、
“まっつん、この新聞、奈良の部屋に貼ります!!”とタクマくん。


“これは、貼りません!!”と照れながら言い返すタツキくん。


さすがに自分が載っている新聞は貼らないかぁ‥。でもちゃんと大切にとっておこうね☆



昨日の試合でJリーグデビューを果たしたタツキくん。



昨日の試合でタツキくんがテレビに映る姿をみるとウルウルと涙ぐんでしまいました。


寮生が初先発や初ゴールなどの新聞を見ると、いつも嬉しくて泣きそうになってしまいます。







長い遠征から帰ってきて、ほっとひと息つく時間は日曜日の試合が終わるまでおあずけですが、札幌に帰って来ただけでも心が落ち着いたんじゃないかな?とおもいます。



今日はめずらしく‥‥。




ホスンくん。



ご飯を食べたあと、ホスンくんがソファーで横になりながらテレビを見ていました。
疲れているだろうなーと思いながらもテレビを見ながら笑っている姿をみてほっと一安心‥。


あたたかいところから、寒くなってきた札幌に帰ってきてカゼをひいかないように、明日はたっぷりショウガを使った料理をつくろう!!




10月20日夜ごはん。



10月20日



10月21日夜ごはん。


10月21日



10月22日夜ごはん。



10月22日

貼っちゃう?




ユースが練習から帰ってきてご飯を食べていると、新聞を見ながら“超かわいい~!!オレの部屋に貼っていい?”とタツキくんが、この日はユースの練習にも参加していたタクマくんと話していました。




“奈良。おまえ、部屋に貼るのはヤバイって‥。”と笑いながら答えるタクマくん。




周りのユースたちも“えっ??ほんとに??貼っちゃうの??”“ヤバイって‥。”とタツキくんに声を掛けても“かわいいなー。かわいいなー。”とみんなの声は耳に入っていないよう‥‥。





私と目と目が合ったタツキくんは“この新聞、部屋に持っていってもいいですか?”と本気で新聞が欲しかったようで‥。“いいよー。いいよー。”というと満面の笑みで“やったー!!”と本当に嬉しそうな顔。









タツキくんとキム・テヒ。





タツキくんが“かわいいー!かわいい!”と夢中になっていたのは韓国のスター☆キム・テヒ☆


本当にこの新聞を部屋に貼るそうです。




1週間くらい前の事だけど‥。寝る前とかに“おやすみー。”とか言ってるのかな‥。

一度でもいいからタツキくんの夢にキム・テヒが出てきてくれますように‥‥。




10月17日夜ごはん。


10月17日



10月18日夜ごはん。



10月18日

ニコニコ。

先日、JAグループ北海道様から『ゆめぴりか』の新米を頂きました。


ゆめぴりかは本当に美味しく、もちもちしていて、かめばかむほど甘くて。
おにぎり、チャーハン、オムライス、雑炊。何を作ってもすごく美味しいです。

そんなゆめぴりかの新米を今年も頂きました。

お米に含まれる炭水化物はとても大切な栄養素です。ゆめぴりかを食べて、頑張っていってほしいと思います。


JAグループ北海道様、お米を一生懸命作ってくださった農家の方々、ありがとうございました。



ユースの今岡くんとやすくんに持ってもらいパチリ☆


ゆめぴりか。








今日、ランチの下拵えをしていてピーマンをきったら…。


ニコニコ。



ニコニコ(^^)



今日はトップの鳥取戦
明日はユースの試合があります。

なんだか縁起がいいし、かわいかったので思わず写真を撮ってしまいました。



このピーマンみたいに、みんなが笑いあって試合を終えることができますように。



もう試合が始まりますね。

がんばれー☆

5年後。

先週の厨房の当番はリョウスケくんとノブくん。



リョウスケくんとノブくん



二人が寮で生活を始めた頃は“食器はこう並べて食洗機に入れたほうがいい。”とかお互いの食器の洗い方に納得がいかなくて、いつケンカが始まってしまうのかとヒヤヒヤとすることもありました。


あれから2年が経ち、二人とも大人になって、今では二人で結婚観を話し合うほどの仲になりました。



“オレ、5年後には結婚するから、しょうがないからノブも結婚式に呼んでやる。”とリョウスケくん。



“5年後って、まだ23歳だよ。早くない?”という私と、うなずくノブくん。



“オレは、28歳くらいで結婚したいなー。”とノブくんがいうと“じゃあ、25歳までには結婚するわー。”とあっさり2年のばしたリョウスケくん。






リョウスケくんとノブくんは、今でも実家に帰れば食器洗いやお風呂掃除のお手伝いをしているそうです。




“ただいまー。”といつも練習から帰ってくるリョウスケくんが、なかなか食堂に来ないときは、お風呂当番の時でみんなが気持ちよくお風呂に入れるようにピカピカに磨いてくれているようです。


二人とも手際がいいので、話しをしながらでもあっという間に終わってしまいます。




二人とも結婚したら家事をすすんでやってくれる、いいダンナさんになるんだろな‥。未来のお嫁さんがうらやましいですね☆










そして、先週の火曜日は2部連が終わってかえってきたトップの寮生とオフの日に寮でご飯を食べるユースの寮生5人が食堂に同じ時間にご飯を食べにきたので、厨房はとっても大変なことに‥。


食べ終わった食器が重なっていっているのを見たユースのコウスケくんが食器洗いを手伝ってくれました。





コウスケくん。




前にも厨房が混み合っているときに食器洗いを手伝ってくれたコウスケくん。





さっきまで部屋で爆睡してました‥って言わなくてもわかるくらいにスゴイ寝癖をつけてお手伝いをしてくれました。困ったときに助けてくれるとても頼もしい、しまふく寮のユースのリーダーです☆




先週の夜ごはん。





夜ごはん




夜ごはん




夜ごはん




夜ごはん

おかわり。

“これ、何て書いてあるの?”と聞くと


ホスンくん。

  
“コレハ ミズヲ 250クライ イレテクダサイ。”と説明してくれているホスンくん。




少し前にお休みを頂いて韓国へ旅行に行ってきたので、みんなへのお土産はトッポキとキムチとチャンジャにしました。





トッポキを作ろうと、ソースの裏のつくり方を見てみると、当たり前ですが韓国語で書いてあるので、もちろん読めません‥。




“どうしよう‥。”と思いながらも、わかる数字だけをたよりにつくりました。



250と書いてあったので、ただお水を250ml入れただけなのですが‥。





作り方をホスンくんに聞いてみると、間違っていなかったので一安心。





ご飯を食べている途中でホスンくんが“まだ、トッポキありますか~?”とおかわりをしてくれました。
“まだ、あるからね~。”と伝えると少し後で“まだ、ありますか~。”と3杯もトッポキを食べてくれました。





みんなが“辛い‥。辛い‥。”と言っていたチャンジャを“ゼンゼン カラクナイデス!!”とホスンくん。辛いものが苦手なたくまくんは、眉間にシワを寄せながら頑張って一口だけ食べていました。








“ごちそうさまでしたー。”と食器をカウンターに運んできたホスンくんはとっても笑顔でした。おかわりもしてくれて、喜んでくれてよかったです☆







この日のトップの夜ごはんは、中山さんから頂いたステーキを焼いて豪華な夜ごはんになりました。中山さんごちそうさまでした☆







韓国

お腹いっぱい。

9日の夜、ユースのみんなが静岡から帰ってきました。

迎えに行ったのですが
車には私たちも座ってたし、りょうかんの練習道具もつんであったので大きい車だけど、ちょっときゅうくつそう(T_T)


私だけ優雅に助手席乗ってるのが申し訳なくてうしろは振り向けませんでした(笑)

みんなせまくてごめんね。






みんな色々なおもいで帰ってきたんだろうなって。




10日はオフだったので、夕飯は食べても、食べなくてもどちらでもいい日。

寒いし体があったまるお鍋にしよう!と。
それと今日は特別サービス!なんでもいいから何か食べたい物がないか聞いて作ろう。
あと天皇杯に出た子に何かお祝いのデザート作ろう!
って考えていて、4、5人は夕飯食べるかな~と思ってたけど
10日の夕飯は今岡くんとゆうとくんの2人だけでした(^^)

お鍋は今岡くんリクエストのキムチ鍋。それに、モツも少しいれました。




いっぱい考えることがあるだろうし、色々なおもいもあるだろうけど
美味しいものをお腹いーっぱい、「あーくるしい!」ってゆうまで食べて
みんなで笑って
あったかいお風呂に入って、ゆっくり寝て
また明日から、頑張ってほしいなって。







しまふく寮はみんなの第2のおうちです。



ユースみんなで7人兄弟。誰が長男次男じゃなく、それぞれが長男って感じ。
その三年生の引退まで、あとすこし。


おめでたいことはみんなでパァーっとお祝いして
辛いこと、くやしいことはみんなで、お腹いっぱい食べて
笑い飛ばして糧にしていけたらいいなって。





仲良く隣同士にすわって鍋をつつく今岡くんとゆうとくん。

テレビを見てしゃべったり、娘が乱入しても育メンな2人は面倒をみてくれていました。



夕飯食べたあと
「お腹くるしい~」って2人が言ってるのが聞こえて一人厨房でニヤニヤ。



おまけに「食い過ぎた~、なんか生まれそう」って今岡くんが言っていて、大満足でした。




お祝いのデザートには、バター少なめで作ったパイ生地でミルフィーユを作りました。



チョコペンでメッセージ書こうと思いついたのはいいけれど、残ってたチョコペンは娘チョイスの水色。
なぜか水色。

ビスケットに書いてみたけど、下手でよめません(笑)
おまけに水色だからちょっと不気味で。
グダグダなビスケットだったけど、きちんと食べてくれてました。
ありがとう。

みるふぃーゆ。





そして、9日帰ってきて夜食をたべる前の榊くんをパチリ。
さかきくん。

笑わなくていいの?って聞いたら、あの可愛い笑顔で大丈夫ですって言ってました。
榊くん、おつかれさま。




みんな、これからも頑張ってね。

水谷くん。

“おねがいしまーす。”と夜ごはんを食べにきた練習生の水谷くんは、先にご飯を食べていた中山さんと同じテーブルに座り、何やら2人で熱いサッカートークが始まりました。




中山さんと水谷くん。




大先輩の中山さんに聞きたいこともたくさんあったようで、ご飯が出来上がっても“水谷くん、ご飯できたよー。”と言うタイミングもみつかりません。



大先輩の貴重なお話を聞いている途中で席を立つことなんて出来ませんよね。



ご飯できたけど大丈夫だよー。と目で合図して私も二人のお話をそーっと聞いていました。



サッカーのことは何もわからない私はただただ厨房から耳を澄まして聞いていただけですが、ひとつの言葉が耳に響きました。






みんながひとつになれば つよくなる。








中山さんがご飯を食べ終えて席を立つと“一緒に写真撮ってもらってもいいですか?”とジャージのポケットから取り出したケータイのカメラで写真を撮ろうとしたのですが、食堂の蛍光灯の光で、なかなかうまく写らなくて、4回くらい場所を変えて撮り直して、やっと一番いい写真を撮ることができました。




中山さんと水谷くん。






帰り際の中山さんは、水谷くんに向かって指をさして決めポーズ。



“オー!! あれ?名前なんだっけ?”




“水谷です!!”




“オー!! 水谷!! 絶対!!選手権出ろよー!!”と水谷くんに大きな声でエールを送りかっこよく食堂を出て行きました。





食生活には人一倍気を使っている中山さん。中山さんの姿を見ていると私もとても勉強になります。どうしてこの食べ物は体にいいのか、どういう効果があるのかと小さなことでも疑問に思うことがあると、すぐに調べたりするようにして、みんなに美味しく栄養があるご飯を出していきたいと更に思うようになりました。








三重に戻った水谷くんに私のデジカメで撮ったこの写真を寮監に頼んで送ってもらおう。


きっと、とってもとっても大切な一枚になりますよね。






みんながひとつになれば つよくなる。





水谷くん。選手権に出られるようにがんばってね☆




10月7日夜ごはん。




10月7日

リョウタ。

急にごはんをキャンセルするときは、寮に連絡があります。


“俺とリョウタ、今日キャンセルでお願いします。”とひきちくん。



リョウタ‥? リョウタ‥?。 リョウタって誰だろう?




一応、寮生の苗字と照らし合わせてみる‥‥。




古田 リョウタ‥‥。   ちがう。


三上 リョウタ‥‥。   ちがう。


櫛引 リョウタ‥‥。   ちがう。



“リョウタって誰??”




次の日“おひさしぶりでーす。”と笑顔で現れたのは、高校生の時に寮で生活していた松本リョウタくん。




リョウタくん




“リョウタくんって、リョウタくんだったのねー。”とやっと謎がとけました。



ひさしぶりに会えたリョウタくんは高校の時となんにも変わらず笑ったときに目が細くなる、愛くるしい笑顔。




私がしまふく寮で働き始めた時には、まだ高校生だったリョウタくんのことなどを思いだすと、なんだかとても懐かしく思えてきました。



トップの寮生やユースの寮生とはたくさんの思い出があります。



リョウタくんが卒寮する前には寮ではいろいろと変わることが多く、私はめまぐるしく変わっていくことに、対応しきれず、仕事を続けていく自信がなくなり、何度も仕事をやめよう。と考えたことがありました。




そんな時にかぎって、笑顔で“おかわりありますか?”とか“おいしかったです。”と寮生たちが言ってくれたことが、その時の私を励ましてくれました。




私が仕事を続けてこれたのは、みんなの笑顔とあたたかさがあったからです。


それは今でもかわりません。






家族のように過ごしているユースたちも、3年生はもうすぐ新しい道に進みます。

“もうすぐ卒寮ですねー。 卒寮したら寂しいと思うので、寮にごはんを食べにきてもいいですかー?”と、こうすけくん。




あたりまえに過ごしている毎日がとても貴重な時間‥‥。





この歳になっても帰りの真っ暗な寮の駐車場が怖い私。



当番のごみを捨てるついでに“まっつん。 行きますか?”と声を掛けてくれて、一緒に外に出て車を玄関の近くまで移動します。



仕事が遅くても安心して帰ることができるのはユースの子達の優しさのおかげです。





ユースの寮生が卒寮するときは“4年間、大学でサッカーを頑張って、トップの選手として、またしまふく寮に戻っておいでー。”と送り出します。




こうして練習生として寮に戻ってきてくれたリョウタくんの姿を見ることができて本当に嬉しかったです。




リョウタくん、ありがとう。これからもサッカーがんばってね。






天皇杯。

今日は天皇杯でした。

13時からの試合だったので、9時半頃から試合前の軽食が寮であります。


9時すぎくらいからユースの前くんと小山内くんがやってきていました。

今日の試合のメンバーには、しまふく寮にいるたくまくん、奈良くん、榊くんも選ばれて

ユースの子が4人とたくまくん。
いつもの試合前の軽食と雰囲気が違って新鮮でした。



寮生のたくまくん、奈良くんと榊くんも試合に出て
榊くんは点を決めて。

試合結果は負けてしまいましたが、みんなの頑張っている姿が見られてよかったです。



奈良くんは北見出身で
いつも試合があるとお母さんが雨でも朝早い試合でも、5時間かけて札幌に来るって言っていました。
きっと、今日の試合お母さんうれしかっただろうなって。
大きくて、ちょっとこわそうにみえる奈良くんだけど、すごくお母さん思いの奈良くん。




榊くんは帯広出身。
試合があるといつも家族で札幌にきていて、きっと家族みんなで榊くんのゴールを喜んでいるんだろうなって思うと私までうれしくて。
榊くんゴールおめでとう。


試合後そのままユースの遠征へ合流するようで本当忙しいなー。


軽食の時はバタバタしていて写真がとれなかったので。
明日帰ってきたら二人の写真撮らせてもらって追加したいと思います(^^)



試合は負けてしまったけれど、今日は大切な日だったので、思わずブログ更新せずにはいられませんでした。