3月13日ルヴァンカップ 長崎戦 試合後監督コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督

--試合を振り返って
今日、コーチングゾーンで試合を見ていましたが、自分のチームを見て『どの監督がこのチームを指揮しているのだ?』と私自身、思いました。『このチームを指導している監督はクビにならなければいけない』、と思いました。

今日のゲームは菅野選手に感謝しなければいけない。菅野選手は今日、1対11で戦ったようなものだ。今日は平日の夜にもかかわらず、たくさんのサポーターの方がスタジアムに詰めかけて応援してくれました。見に来てくれたサポーター、そして取材してくれている皆さんに申し訳ないという気持ちでいっぱいです。今日のゲームは私が札幌に就任してから一番出来が悪いくらい、非常に良くないゲームであったと思います。

指揮を執っているのは私自身であり、私自身に責任があります。今日は私自身、うまく選手に指示できなかったと思いますし、次はしっかり改善した姿を皆さんにお見せしたいと思います。