2016北海道コンサドーレ札幌 新ユニフォーム発表のお知らせ

ニュース

◆2016シーズン、赤黒の戦士たちの戦いを支える新ユニフォームが決定いたしました。2016シーズンも、株式会社フェニックス様との「Kappa」ブランドによるオフィシャルサプライヤー契約を継続いたします。
コンサドーレ札幌とKappaとのオフィシャルサプライヤー契約は10年目を迎え、クラブ創立20周年とあわせ、記念すべきシーズンとなります。

株式会社フェニックス様から2016北海道コンサドーレ札幌ユニフォームについてのコメント

Calcio(カルチョ:イタリア語でサッカー)の国イタリア・トリノで1916年創業、1956年にスポーツブランドとして誕生した「Kappa(カッパ)」。
Kappaは、イタリアの遊び心とエモーションを伝えるデザイン性・機能性を高い次元で融合させた総合スポーツブランドとして北海道コンサドーレ札幌の選手達をこれまでサポートして参りました。
そして、2016年は北海道コンサドーレ札幌の伝統と北海道らしさを、Kappaのブランドスローガンである『PEOPLE ON THE MOVE-挑み続けろ』の想いを込めてユニフォームを準備しました。

ユニフォームの特徴・デザイン性

フィールド・1st

伝統のある赤黒の縦縞をしっかりと表現しながら、ゲームシャツとストッキングにおける赤の分量を増やし、
原点に立ち返ったユニフォームに仕上げました。
右袖には北海道旗をあしらい、ゲームシャツの前・後身頃には北海道旗の「七光星」の柄がグラデーションで表現されています。
さらに左袖には北海道コンサドーレ札幌創設20周年を記念したマークを配置しています。
(全ての公式戦シャツに入ります。)

フィールド・2nd

白を基調としながら、北海道旗で表現されている「北の海や空を表す色『紺』」を前中心に幅広の帯で表現しました。又、「エネルギーを表す『赤』」をその帯の両脇に配置。
後身頃中心へは「七光星」の柄をシルバー色で配置しています。
もちろん2ndにも20周年を記念したマークを配置しています。

GK

昨年に引き続き、ゴールキーパー用1stユニフォームのカラーをイエロー、2ndはグリーン、3rdにはピンクを採用。
そしてキーパー用1stと2ndユニフォームはストライプ柄を濃淡で表現し、フィールド用1stユニフォームにある縦縞をイメージしました。
キーパー用3rdユニフォームは、フィールド用ユニフォームの2ndで採用しているデザイン同様に胸中心に幅広の帯を表現し、北海道を強調しました。

トレーニングウェア

プラクティスシャツを中心に、2016年Kappa Footballカテゴリー「GArA LiBERO」の商品から採用いただきました。
練習からハードに戦う選手達の動きに対応します。

ユニフォームの特徴・機能性

今期のユニフォームも、吸汗速乾素材に加え、気になる汗などの匂いを科学的に中和・消臭する「デオシーム」を使用しました。そして肌への摩擦軽減や軽量化などを実現させ、アスリートが感じる「ストレス」を最小限に抑え、より競技に集中してアグレッシブに闘うことを可能にしています。

以上が2016年度の新ユニフォームの紹介となります。

私達「Kappa」は、北海道コンサドーレ札幌の勝利をもたらす最高のパートナーとしてバックアップしてまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします。