Johor Darul Ta’zim(ジョホール・ダルル・タクジム)FC (マレーシア・スーパーリーグ) とのクラブ間提携 締結のお知らせ

ニュース

この度、北海道コンサドーレ札幌は、マレーシア・スーパーリーグ所属のJohor Darul Ta'zim FC(以下JDT)とクラブ間提携パートナーシップを締結いたしました。今後、JDTと当クラブはホームタウン地域である北海道札幌市とマレーシア・ジョホール州ジョホールバルの交流促進活動を中心に、サッカー交流においても協力していく予定です。4月25日(月)14時(現地時間)に調印式を行いましたので、合わせてお知らせ致します。
なお、今回の提携によりマレーシアのクラブとJクラブとのパートナーシップは初めてとなります。北海道コンサドーレ札幌のクラブ間提携は、コンケーンFC(タイ)、ドンタム ロンアンFC(ベトナム)、アレマ クロノスFC(インドネシア)に次ぐ4チーム目となります。

【Johor Darul Ta'zim FC クラブプロフィール】

クラブ名:Johor Darul Ta'zim FC ( ジョホール・ダルル・タクジムFC )
所在地:ジョホール州ジョホールバル
所属リーグ:マレーシア・スーパーリーグ
ホームスタジアム:タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム

<提携概要>

■合意日
2016年4月25日(月)
■パートナーシップの主な内容
① クラブ活動地域である北海道札幌市とジョホール州ジョホールバルでの地域協力と地域貢献
② クラブ活動地域である北海道札幌市とジョホール州ジョホールバルでのビジネス交流と人的資源の交流
③ クラブ経営・実務・マーケティング活動情報の交換をはじめ、両国のスポンサー候補の紹介や仲介
④ アカデミー組織の交流(指導者・選手の交流、フレンドリーマッチの開催)
⑤ TOPチーム強化の交流(指導者・選手の交流、フレンドリーマッチの開催)
⑥ サッカーを通した日本とマレーシアの交流促進につながる情報交換、協力

<調印式>

■日時
2016年4月25日(月) 14時(現地時間) ※日本時間は同日13時
■会場
タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム
■出席者
ジョホール・ダルル・タクジムFC社長 ダトー・イスマイル・カリム様
株式会社コンサドーレ代表取締役社長CEO 野々村芳和

◆北海道コンサドーレ札幌 野々村芳和代表取締役社長CEOのコメント
「ジョホールバルは、日本代表がワールドカップ予選を始めて通過して世界の舞台に出て行くことになった、日本人にとって思い出深い特別な地。両クラブが提携することで、お互いが高めあい世界に出ていくきっかけにしたい。」

◆JDT ダトー・イスマイル・カリム社長のコメント
「日本はアカデミー組織でアジアNo.1。その中でも2012年に最優秀育成クラブ賞を受賞したコンサドーレと提携できたことを誇りに思う。指導者、ユース年代の選手の交流から始めて、関係性を深めていきたい。」