札幌市スポーツ局長表敬訪問(ゴシアカップ・チャイナ準優勝報告)について

ニュース

この度、北海道コンサドーレ札幌U-18が中国・瀋陽市で行われましたゴシアカップ・チャイナ2016にて準優勝しましたことを、札幌市スポーツ局・石川敏也局長にご報告させて頂きました。当遠征は札幌市と瀋陽市の「姉妹都市交流事業」の一環として、札幌市から渡航費などの援助を受けて実施したものです。

クラブを代表して専務の町田文夫、アカデミーダイレクター北原次郎、そしてチームを率いたU-18監督の川口卓哉が準優勝カップを持って伺い、大会の様子や結果、現地での体験などを報告させて頂きました。大会においては、瀋陽市のチームとの対戦もあり、石川スポーツ局長からは、『サッカーを通じて瀋陽市との交流を深めることが出来て良かった。優勝は出来ずに残念だったけれど、決勝もPKでも敗退ということで、準優勝でも誇らしく思います』とのお言葉を頂きました。

U-18の中国・瀋陽遠征の詳細はこちら

川口監督コメント

札幌市のご支援のおかげで、大変良い経験をすることが出来たことを感謝いたします。この経験を糧に、世界に羽ばたく選手を育成できるよう、これからも頑張っていきます。

北原ダイレクターコメント

育成年代から海外での大会に参加することは選手にとって非常に良い経験。支援をして頂いて大変感謝しています。サッカーを通じて今後も札幌市や北海道と、世界を結ぶ架け橋となることが出来ればと思います。