北海道コンサドーレ札幌 アカデミーグループ成長戦略における組織改革のお知らせ

ニュース

2016年からスタートしている「アカデミーグループ成長戦略」のもと、北海道コンサドーレ札幌アカデミーグループがより成長を遂げていくために、2017年にも組織改革を行うことにしました。より多くの選手に、より多くの地域で、夢に向かうチャンスを手にしてもらうべく、下記の活動を行い、より充実した活動を行える組織にしていきたいと考えています。

北海道コンサドーレ東川 U-12の発足

主旨

ホームタウンである北海道全域での選手育成、選手発掘を可能にするため、道北エリアでのアカデミー活動をより充実化させることにしました。その一つとして、東川町を中心とした旭川地区にて、より多くの選手に、夢に向かうチャンスを手にしてもらうために、U-12年代でのアカデミー活動を開始します。これらの改革により、東川町を中心とした旭川地区における地域貢献を高めることや、サッカーの普及や強化、教育面での連携強化を行うことが、この活動開始の大きな目的となります。※当チームの活動は、東川町との連携によって、進めていく予定です。

活動開始時期

2017年4月~

対象選手

2017年1月29日に予定しているセレクションに合格した選手(新小学2年生、3年生)と、東川サッカー少年団からの加入希望選手

活動場所

東川町ゆめ公園、コンサフィールド東川など

活動日程

平日週2回(水曜日・金曜日の17:00開始予定)、週末1~2回程度(時間未定)

指導者(監督)

木崎拓也(現北海道コンサドーレ札幌U-12コーチ) 
※北海道コンサドーレ旭川U-15スタッフが、アシスタントコーチとして、サポートします。