選手たちからのメッセージ

ニュース

9月6日に発生した北海道胆振東部地震で被害に遭われたみなさま、謹んでお見舞い申し上げます。厚真町、むかわ町、安平町、札幌市清田区でも大きな被害が出ました。道内全域で停電が発生し、断水被害もありました。様々な思いがある中、コンサドーレにできること、コンサドーレがやるべきこと、コンサドーレの役割、全てを力に、選手たちは試合に臨みます。全力でピッチを走り、一生懸命パスをつなぎます。北海道コンサドーレ札幌は北海道のサッカークラブとして、北海道の皆さんと一緒に、しっかりと前に進んでいきます。

困難な状況でも、一人より二人、二人より三人、力を合わせてチームになれば、大きな力になり、ピンチも乗り越えられるはずです。みんなの力を結びつける「パス」をつないで行きましょう。コンサドーレの勝利で、皆さんに笑顔になって欲しいと思っています。スタジアムでの募金活動や、厚真町など被災地での活動も考えています。コンサドーレは、北海道の力を引き出し、つなげたいと考えています。全道一丸で頑張っていきましょう。

あすは等々力陸上競技場で川崎フロンターレさんと対戦します。スタジアムでは、フロンターレの選手とコンサドーレの選手、それぞれ試合メンバー以外の選手数名で合同募金活動を行います。コンサドーレは、サッカーファミリーの力と想いを、北海道の被災地に届けます。

9月15日(土)川崎戦(等々力陸上競技場)での「平成30年北海道胆振東部地震」に対する支援活動について
http://www.consadole-sapporo.jp/news/20180944441/