2018Jリーグ ペトロヴィッチ監督が優秀監督賞(J1)、チャナティップ選手が優秀選手賞を受賞

ニュース

2018シーズンに活躍した選手、監督等の各賞の受賞者が決定し、北海道コンサドーレ札幌からはペトロヴィッチ監督が優秀監督賞(J1)を、チャナティップ選手が優秀選手賞をそれぞれ初受賞しました。

■優秀監督賞(J1) : ペトロヴィッチ監督 ※初受賞

チームの戦い方・選手のプレーを劇的に向上させ、AFCチャンピオンズリーグ出場に手が届く成績を収めるまでに短期間で大きくチームを成長させた。
時に厳しく、時に暖かくチームを見守りながら、選手の個性を活かし、長所をさらに成長させた。それによって選手がのびのびと楽しんでプレーしている様子が見られ、試合を観るファン・サポーターも選手のプレーに呼応。プレーする選手、そして観る者を楽しませるサッカーを展開して明治安田生命J1リーグ4位と好成績を収めたことが評価された。

■優秀選手賞:チャナティップ選手 ※初受賞

2018Jリーグ 優秀選手賞 受賞選手(30 名)が決定し、北海道コンサドーレ札幌からはチャナティップ選手が受賞しましたので、お知らせいたします。
※30選手、各選手の詳細につきましては、Jリーグ配信リリースをご参照ください

チャナティップ CHANATHIP Songkrasin

■生年月日:1993/10/05
■出身:タイ Thailand
■身長/体重:158cm/56kg

2018J1リーグ
出場試合数:30試合
出場時間:2,639分
得点:8得点
J1通算試合出場数:46試合
通算得点:8得点

※優秀選手賞初受賞