2019北海道コンサドーレ札幌 新ユニフォーム決定のお知らせ

ニュース

◆株式会社フェニックス(本社:東京都新宿区)が展開するブランド「Kappa(カッパ)」と、北海道コンサドーレ札幌を運営する株式会社コンサドーレ(本社:北海道札幌市)は2019年度もユニフォームなどのオフィシャルトップパートナー契約を継続させていただくことになりました。

株式会社フェニックス様から2019北海道コンサドーレ札幌ユニフォームについてのコメント

新しいユニフォームのコンセプトは「推進力(すいしんりょく)」。この「推進力」は、J1常勝、そして世界へ向かうということを表しています。ユニフォームのデザインにおいても、ベースとなる縦縞に「へリンボーン柄」を加え、柄にあるV字形の形状と色合いで「上昇=常勝」をイメージさせています。そしてすべてのユニフォームの袖には、ホームタウンマークとして「HOKKAIDO」の文字を付け、背中には北海道地図を配置し、北海道のすべてのサポーターと共に2019年シーズンを闘います。また、2019シーズンも、パフォーマンスを最大限に導き出す最新のKappa KOMBAT(カッパ コンバット)シリーズを採用。Kappa KOMBATの特徴である動きやすさを考慮したストレッチとタイトフィットはそのままに、通気を考慮し素材に一新しました。

ユニフォームの特徴・デザイン性

フィールド・1st

1STユニフォームはチームカラーである赤黒縦縞に「へリンボーン柄」を加え、高い質感を表現しています。

フィールド・2nd

2NDユニフォームは同柄の縦縞を使用しており、柄と柄の間にはエンブレムで使用されているカラーのレッドとブルーの色を挟み込んで縦縞感を強調しています。

GK

GKユニフォームも、J1常勝、そして世界へ向かうための推進力を表した「へリンボーン柄」を使用。ベースカラーは、1st/イエロー・2nd /グリーン・3rd/ネイビーを採用しています。

トレーニングウェア

以上、2019シーズンの新ユニフォーム・新トレーニングウェアの紹介となります。