【2019Jリーグアジアチャレンジinタイ 試合結果】vs Bangkok United F.C.

ニュース

本日行われました2019Jリーグアジアチャレンジinタイ vs Bangkok United F.C.戦の結果をお知らせいたします。

2019Jリーグアジアチャレンジinタイ vs Bangkok United F.C.

スコア

前半:Hokkaido Consadole Sapporo 3-1 Bangkok United F.C.
後半:Hokkaido Consadole Sapporo 2-0 Bangkok United F.C.
TOTAL : Hokkaido Consadole Sapporo 5-1 Bangkok United F.C

得点者

11'アンデルソン ロペス
15'チャナティップ
38'ルーカス フェルナンデス
48'鈴木 武蔵
85'鈴木 武蔵

会場

SCGスタジアム

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督

--試合を振り返って
今日の試合は、見に来てくださった方々にとって、見ごたえのある試合だったのではないでしょうか。バンコクユナイテッドもパスサッカーをするチームで、両チームともにアグレッシブに攻撃し合う内容だったと思います。その中で、我々は得点を重ねることができ、バンコクユナイテッドは1得点で、我々が勝利することができました。両チームの選手たちは最後まで素晴らしい試合をしてくれました。

--タイキャンプを振り返って
私は日本で長く仕事をしていますが、これまでタイのチームと戦うこともありました。この2週間のキャンプの中で3チーム、タイのチームと練習試合を行いましたが、どのチームも素晴らしいチームでした。ここ最近、タイのサッカーレベルが上がってきていると思います。代表チームのアジアカップでの活躍というのがその象徴だと思います。もし運が良ければ中国に勝って8強に残れたかもしれないという結果を見れば、いかにタイのサッカーが国際的にレベルを上げているか、ということが言えると思います。タイのサッカーというのは、私が2週間キャンプをしてきた中で見たことは、いかにタイの人がサッカーに興味を持ち、感心を持ち、サッカーに熱があるのかということです。今後、タイのサッカーというのはさらにレベルが上げていくのではないかと思います。

鈴木武蔵選手コメント

--ゴールを振り返って
最初の点は悠人からパスが来て、もう一回キープして落とそうと考えたのですが、前を向いてクロスを上げるかシュートを打つかのどちらかに切り替えて、最後は思い切りファーを狙って打ちました。2点目は相手のDFがどう来るかギリギリまで駆け引きしていたのですが、自分に食いついているのを(藤村)怜が見ていたので、そこで本当に良いボールを出してくれたので、駆け引きで勝ったゴールだと思います。

--自身のタイキャンプに点数を付けると
50点くらいですね。ゴールを決められたのは良かったですけど、まだまだ落ち着きの部分など足りないですし、受けて焦っちゃうときもあるので、そいういうところをもっと改善したいですし、ゴール前でももっと周りを見ながらできればと思います。

チャナティップ選手コメント

--かつてのホームに帰ってきて
非常に嬉しかったです。たくさんのサポーターの皆さんが来てくれていました。

--ゴールシーンを振り返って
良いボールが入ってきて、シュートしないといけないと思ってイメージしていました。

--キャプテンマークを巻いていたことについて
宮澤キャプテンがキャプテンマークを持ってきて「どうですか?」と言ってきてくれました。本当に感謝しています。自分の国だから(キャプテンマークを)付けさせてもらいました。

ルーカスフェルナンデス選手コメント

--自分のゴールを振り返って
相手のビルドアップで相手のDFが背を向けたところで、もしかしたら、と狙いを持っていたのですが、少しDFの選手が滑ってしまって、うまくボールを取ったところでゴールを見たら相手のGKが飛び出ていたので、上を狙ってシュートを打ったのですが、それがうまくきれいに決まりました。10点中9点ですね。あのよなゴールを決めたことがないので、自分に9点をあげたいですね。

--タイキャンプを振り返って
まずこのキャンプを通して着実に1歩ずつ進んでいければと思います。ミシャ監督が求めているサッカー、求めている自分の役割をこのキャンプ中に1歩1歩進めていきたいと思います。その中で自分も成長して、チームにゴールやアシストだったり、献身的な働きだったりというところでチームに貢献できればと思います。僕自身、この試合を通して結果を残せて自信になりました。