日本大学サッカー部 金子拓郎選手 2020年シーズン新加入内定のお知らせ

ニュース

本日、北海道コンサドーレ札幌は日本大学サッカー部所属の金子拓郎選手と仮契約を結び、同選手の2020年シーズンからの新加入が内定いたしましたので、お知らせいたします。あわせて、同校関連施設(スポーツ日大稲城アスレティックヴィレッジⅡ)にて加入内定会見を行いましたので、ご報告いたします。

金子拓郎(かねこ・たくろう) Takuro KANEKO

生年月日:1997年7月30日(21歳)
ポジション:MF
身長/体重:178cm/68kg
出身地:埼玉県
サッカー歴:
小川サッカースポーツ少年団 - クマガヤSC - 前橋育英高校 - 日本大学
新加入内定会見出席者:
日本大学サッカー部 川津博一監督、金子拓郎選手
北海道コンサドーレ札幌 三上大勝GM、鈴木智樹担当スカウト
プレーの特徴:
独特のボールタッチ、ドリブルで時間を作ることができる。パスセンスもあり、多彩なキックでチャンスメークできる。利き足は左。

金子拓郎選手のコメント

「日本大学の金子拓郎です。今回、内定が決まったということで、自分に関わってくださった全ての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。また今回の内定は釧路の合宿がなかったら実現しなかったと思っていますので、合宿をするにあたって携わってくださった釧路の皆さまに感謝しております。内定が決まりましたが、1年目から活躍するためには、この来年までの期間がとても大事になってくると思いますので、この期間を大事に、意識を高く、これからも頑張っていきたいと思います」

三上GM、金子選手、川津監督

川津監督のコメント
「大学サッカー界ではまだまだ無名の選手にこのような評価をいただき、三上GMを始め、コンサドーレ関係者の皆さまに感謝申し上げます。また、この出会いのきっかけとなりました北海道合宿において、釧路市阿寒町の皆さまに、多大なる合宿の支援をいただいております。この場を借りて感謝申し上げます。金子を取り巻く環境は大きく変わってくると思います。サッカーを通して社会に出ても通用する人間を目指す、というチームコンセプトのもと、今まで以上の努力と強い強度のトレーニング、そして謙虚な気持ちを持ち続け、今まで巣立っていったOBたち同様、プロの世界で長生きできる選手を目指して欲しいと思います」

三上GMのコメント
「昨年、そして熊本キャンプでの練習参加をする中で、オンザピッチ、オフザピッチのふるまいは、我々が求めている世界で戦える選手の可能性を秘めているのではないか、と感じていました。現場、フロント含めクラブで一体となって金子選手の可能性を評価させていただき、この度、正式に卒業後の進路としてコンサドーレへの加入をお願いし、本日無事に仮契約を結ぶこととなりました。日本大学のご厚意、サッカー部のご厚意で今日を迎えられたことに感謝しております。今後、責任をもって金子選手を世界で戦えるような選手の一人として育成していきたいと思っています」