筑波大学蹴球部 高嶺朋樹選手 「2019年JFA・Jリーグ特別指定選手」認定のお知らせ

ニュース

このたび、2020シーズンから新加入することが内定しています筑波大学蹴球部の高嶺朋樹選手が、現所属チーム登録のままJリーグの試合に出場することが可能な「2019年JFA・Jリーグ特別指定選手」として認定されましたので、お知らせ致します。なお、高嶺選手はJリーグの登録手続きが完了次第、北海道コンサドーレ札幌の公式戦に出場可能になります。

高嶺朋樹(たかみね・ともき) Tomoki TAKAMINE

生年月日:1997年12月29日(21歳)
ポジション:MF
身長/体重:177cm/74kg
出身地:北海道
所属元:筑波大学
サッカー歴:
北海道コンサドーレ札幌U-12 – 北海道コンサドーレ札幌U-15 – 北海道コンサドーレ札幌U-18 – 筑波大学(在学中) ※来春、卒業予定
認定日:2019年3月26日

【JFA・Jリーグ特別指定選手とは】

目的:サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする。

概要:全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟サッカー部、またはJクラブ以外の大学運営(学校法人)のチームに所属する学生選手、もしくは日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームの所属選手を対象に、JFAが認定した選手に限り所属チーム登録のまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする。