JAグループ北海道と北海道コンサドーレ札幌は、全道各地で「2019 みんなのよい食JA親善大使」を開催いたしました

ニュース

◆当クラブオフィシャルパートナーのJAグループ北海道様と北海道コンサドーレ札幌は、7月21日(日)に「2019みんなのよい食JA親善大使」を開催しました。10年目を迎えた今年は、十勝地区、オホーツク地区の合計3会場合わせて136人もの子どもたちが参加しました。各地で選手と一緒にアイスクリーム作り体験、ホルスタインの模型を使った搾乳体験、牛乳飲み比べなどを実施し、各会場とも盛り上がりました。農業体験を通して農業への理解・関心を深め、サッカー教室や選手によるトークショーを通して食の大切さ、北海道の食べ物の美味しさ、自分たちが住んでいる地域の農業の役割を再認識していただきました。

2019 みんなのよい食JA親善大使

実施日:2019年7月21日(日) 

(1)十勝地区 

会場:上士幌町民サッカーグランド
参加人数:児童24名
JA親善大使:FW16藤村怜 DF20キムミンテ GK25クソンユン コーチ沖田優
主催:JA上士幌町、JAグループ北海道

(2)十勝地区

会場:陸別町緑町スポーツ広場
参加人数:児童60名
JA親善大使:DF5福森晃斗 MF14駒井善成 GK21阿波加俊太 コーチ赤池保幸
主催:JA陸別町、JAグループ北海道

(3)オホーツク地区

会場:町民運動広場
参加人数:52名
JA親善大使:DF3進藤亮佑 DF15濱大耀 コーチ杉浦大輔
主催:JA北オホーツク、JAグループ北海道