アカデミースタッフ 人命救助での感謝状拝受のお知らせ

ニュース

この度、北海道コンサドーレ札幌アカデミーGKコーチ・相川雄介と、コンサドーレサッカースクールコーチ兼アンフィニMAKI.FC監督・津元靖史が、AEDを使用した人命救助で札幌市中央消防署から表彰されましたのでお知らせいたします。

5月22日(水)14時37分頃、ばんけいサッカー場(中央区盤渓433番地)にてシニアサッカー大会に参加していた札幌市在住の60代の男性が倒れ、練習準備のため居合わせた津元コーチと相川コーチが救急車到着までの間にAEDを使用するなど応急処置を実施。男性は意識を回復されました。

アカデミーグループでは3年前より夢プランパートナー『日本ライフライン様』よりAEDの無償提供を頂いており、今回もこの救命の前日となる5月21日にアカデミーグループ全体でAED講習会を行っていました。
「前日にやったばかりだったので、力加減や手順などを鮮明に覚えていて、躊躇なく実行できました」と相川コーチ。札幌市中央消防署からは、「AEDを常備していても、いざ使用するとなると恐くて手が出ないというケースが多い。定期的な講習会が実を結んでひとりの命を救って頂いたのは素晴らしいこと。」と感謝のお言葉を頂きました。