C-Smile 北海道プロジェクト

北海道コンサドーレ札幌では2011年から、これまで以上に選手が地元の子どもたちを中心に交流を持つホームタウン社会連携活動に力を入れようと『C-Smile 北海道プロジェクト』を立ち上げ、シーズンを通した活動を行っています。このプロジェクトのメイン事業は選手による学校訪問です。決められたプログラムはなく、学校の授業に選手が参加させていただくかたちで年間約20校を超える小中学校に訪問し、生徒の皆さんと交流しています。サッカーを通して、子どもたちの笑顔の輪が広がるよう活動していきます。

選手が話す、「サッカーのこと」、「夢のこと」

授業のひとつとして、主に生徒の皆さんからの質問に答えるかたちで、自分が小・中学生の時の話や、サッカー選手になってからのこと、サッカーのアドバイスなどの経験談を話します。

選手が話す、「サッカーのこと」、「夢のこと」
選手が話す、「サッカーのこと」、「夢のこと」

体験する、「プロのテクニック」、「ミニゲーム」

生徒のみなさんと選手が一緒になって体を動かすボールを使ったゲームを行ったり、リフティングやシュートなどのデモンストレーションを実施し、"サッカー選手のテクニック"を間近で見てもらうこともあります。

体験する、「プロのテクニック」、「ミニゲーム」
体験する、「プロのテクニック」、「ミニゲーム」

学校関係者の皆さまへ

選手による学校訪問などをご希望される場合は、コンサドーレ ホームタウングループ(TEL/011-777-5310)までお問合せください。
なお、日程などの都合によりご希望に添えない場合もございますのであらかじめご了承ください。
※札幌市内の学校につきましては、札幌市教育委員会を通じてご案内をお送りしています。